La Festa Mille Miglia 2001 優勝コメント

 2001年はイタリアン・イヤーという記念すべき年、そして、タイム・トライアル・ラリーの日本の最高峰であるラフェスタ・ミレミリアで、二度目の優勝が出来たこと、心より嬉しく思います。 イベントは年々、よりクオリティの高いものになり、同時にコンペティションも難しくなっております。 参加ドライバー、ナビゲーターは、まず車の整備を優先しながらも、かなりの苦戦をしいられること、本当にイタリア・ミレミリアに勝るとも劣らないレースになってまいりました。

また、年々、沿道の応援の人々の数もふえ、心よりの声援には感激の極みです。 このような人々の声援に応えられるよう、模範的なドライバーであると同時に、地域社会に貢献出来る機会を活用することも大切だと思います。 ヴェテランカークラブのモットーである“少年のような”気持ちで、このイベントにかかわらなければならないこと、痛感いたしました。

 今回のレースは海外よりイタリア・ミレミリア等で優勝経験のある方々も参加され、今までになく国際色も豊かでしたが、 私としては、日本でのラフェスタ・ミレミリアの栄冠は是が非でも、日本人のドライバーの手にという気持ちで一杯でした。 運も味方し、また素晴らしいナビの協力もあって、優勝という栄冠を手にできたと、心より感謝いたしております。

 ヴェテラン・カークラブ事務局の皆様には、こちらからは見えないご苦労もあられたと思いますが、この偉大なイベントは是非とも永遠に続けていただき、 決して単なる道楽ではなく、人間として社会に貢献し、社会的に認められるイベントとして、発展できるようさらなるご尽力を願いたく思います。

 本当に有り難うございました。新たな友人がつくれるラフェスタ・ミレミリアで来年もお会いしたく思います。

エントリーナンバー:49 山野 エミール


[総合順位へもどる]

 


HOME | La Festa Mille Miglia 2001 | La Festa Mille Miglia 2000 | Veteran Car Club Tokyo | Mille Miglia Italy
forza@lafestamm.com