La Festa Mille Miglia 2019

大会レポート

【大会レポート4日目・表彰式】2019年10月28日

圧倒的な強さを見せた、竹元夫妻チームが昨年に続き優勝

最終日の4日目は、朝から快晴。3日間、冷たい雨に打たれてきたからか、太陽を見ただけで嬉しくなってしまう。走行距離が約230kmと若干少なくなるこの日は、ゆったりとした朝を迎えた。人も車も疲れがピークに達しているはずだが、旅の終わりの何とも言えない寂しさを、エントラントたちはどことなく感じていた。

この日最初のポイントとなった成田山新勝寺門前広場には、平日にもかかわらず、たくさんの人たちが応援に来てくれていた。子どもたちも多く、手旗を懸命に振るその姿は、最後のゴールまでエントラントを励ますエールとなった。

成田山新勝寺門前広場を出ると、千葉県内の5つのポイントを経由し、東京都内へ。ゴールとなる明治神宮は、もう目の前だ。4日間で30ヶ所のスタンプポイントを巡り、15ヶ所のPC競技会場で60区間もの競技を行い、1都5県・約1,300kmもの道のりを走ってきた車とエントラントたち。今年は雨が続き、ハードな日程となったが、明治神宮には彼ら・彼女らの帰りを待つ人たちが大勢集まっていた。

日か落ち始めた午後4時30分からのゴールセレモニーでは、ライトアップされた車たちが、夕闇の神宮橋に美しく浮かび上がり、幻想的な空間を演出していた。無事に完走を遂げた1台1台が紹介され、マイクを向けられたエントラントたちは、「今年は本当に大変な4日間だったが、東北の人たちに温かく迎えられて、忘れられない大会になるだろう」と笑顔で口にした。被災地支援大会として開催した今大会。我々が走ることで、少しでも励みになればと思っていたが、各地域を走りながら励まされたのは、じつは我々のほうなのかもしれない。

ゴールセレモニーが終わると一行はホテルへ向かい、フェアウェルディナーと表彰式へ。彬子女王殿下をお迎えしてのパーティでは、ここまで我慢してきたお酒を存分に楽しみ、美味しい料理に舌鼓。楽しい時間はあっという間だ。午後9時を過ぎると、いよいよ表彰式が始まる。

今年は、昨年2位となった、イタリアの Mille Miglia で2度の優勝経験を持つモッツィ・ビアッカチームが不参加で、昨年3位の山﨑親子チームも残念ながら途中リタイアとなった。悪天候の中、着実にポイントを積み重ね、優勝を手にしたのは果たしてどのチームか。

第3位は、No.28の松下夫妻チーム。出場14回のベテランチームが、初の表彰台となった。壇上で、はにかみながら嬉しさを滲ませていた2人の姿が、印象的だった。3日目まで2位という好成績を維持しながらの、3位入賞となった。

第2位となったのは、No.39の瀧川親子チームだ。トップ10入りの常連チームが、2016年から3年ぶりの2位入賞を果たした。2日目からじわじわと成績を上げ、最終的に2位でフィニッシュとなった。

そして、2019年の勝者となったのは、今回もやはり強かった、No.3の竹元夫妻チームだ。昨年に続き、2年連続の優勝となった。2日目から1位の座を譲らず、2位と約12,000ポイントの差をつけて、圧倒的な勝利を見せた。優勝スピーチでは、「65歳のわたしでも、優勝できるんです」と冗談ぽく笑顔で語り、会場からは大きな拍手が送られた。

こうしてすべての行程が終了し、表彰式が終わる頃にはすっかり夜も更けていた。駐車場で静かに休む車たちに、また新たな旅の思い出が刻まれた4日間。励まし、励まされ、雨のなか各地を巡った今秋の記憶は、忘れることはないだろう。

La Festa Mille Miglia 2019 が開催された模様は、12月21日(土)にBSフジにて放送予定。また、春に開催される La Festa Primavera 2020は、4月17日から行われる予定だ。

Historic Car Japan  岩本 美香)
昨年に続き圧倒的な強さで優勝した竹元夫妻チーム
昨年に続き圧倒的な強さで優勝した竹元夫妻チーム
成田山新勝寺門前広場で子どもたちに手を振る JAGUAR XK120
成田山新勝寺門前広場で子どもたちに手を振る JAGUAR XK120
一宮海岸で結果公開形式のPC競技に臨む ALBANESI 1100 SPORT
一宮海岸で結果公開形式のPC競技に臨む ALBANESI 1100 SPORT
袖ヶ浦フォレストレースウェイでPC競技に挑む HEALEY SILVERSTONE
袖ヶ浦フォレストレースウェイでPC競技に挑む HEALEY SILVERSTONE
見事完走し明治神宮にゴールする ASTON MARTIN Mk-2
見事完走し明治神宮にゴールする ASTON MARTIN Mk-2
  • 一覧はこちら